ホーム » 製品 » 原材料 » CG-101シランカップリング剤

CG-101シランカップリング剤

製品基本情報
1、商品名
トリクロロシラン、トリクロロシラン、シリコンクロロホルム、シリコーン

2、CAS No..
10025-78-2

3、用途
ポリシリコンとシランカップリング剤の生産原材料

4、製造方法
高温でSiとHCl反応する
水素で四塩化ケイ素を還元する(アルミニウム化合物を含む触媒剤を用いる)

性質
1、理化性質
分子量:135.43
液体密度:(0 ºC):1.35 g/cm3
相対密度(気体、空気=1):4.7
沸点(101.325kPa):31.8 ºC
融点(101.325kPa):-134 ºC
蒸気圧(-16.4 ºC):13.3kPa;(14.5 ºC):53.3kPa
燃焼点:-27.8 ºC
自燃点:104.4 ºC
引火点:-14 ºC
爆発限界:6.9%~70%

2、化学性質
トリクロロシランは常温常圧で刺激性の悪臭の揮発しやすい無色の透明な液体である。空気で燃焼しやすい。-18 ºCで燃焼するに傾向になる。火にあったら強力に燃焼する。また、燃焼する場合に赤い炎と白い煙が出る。SiO2、HClとCl2:SiHCl3+O2→SiO2+HCl+Cl2を生成する;
トリクロロシランのスチームは空気にあったら広い濃度範囲爆発性の混合物になる。熱すると激しい爆発が起きる。その熱安定性はジクロロシランよりいいで、900℃で分解して塩化物の毒物の煙(HCl)、Cl2とSiを生産する。
湿気にあったら、水と反応する:2SiHCl3+3H2O→ (HSiO)2O+6HCl
アルカリ溶液の中で分解して水素が出るSiHCl3+3NaOH+H2O→Si(OH)4+3NaCl+H2;
酸化性物質にあったら爆発性反応を産生する。アセチレン、炭化等の炭化水素と反応して有機クロロシランを産生する:SiHCl3+CH≡CH→CH2CHSiCl3,SiHCl3+CH2=CH2→CH3CH2SiCl3
水素化リチウムアルミニウムと水素化リチウムホウ素が存在の条件で、SiHCl3はシランに還元される。容器がぶつけられた時に容器中の液体SiHCl3が燃焼する。ベンゼンとエーテル等に溶ける。無水の状態でトリクロロシランは鉄とステンレス鋼を腐食しないが、無水じゃない状態でほとんどの金属を腐食する。

わが社は中国でトリクロロシラン製造メーカーとサプライヤーである。トリクロロシランを除く、世界各地のお客様に他の製品を提供する。オルトケイ酸テトラエチル、クロロプロピルトリメトキシシラン等も含まれている。全ての製品はISO認証を持っている、世界各地のお客様にいろんな有機シラン製品の技術解決プランを提供する。例えば:アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、イギリス、フランス、オランダ、ロシア、日本、韓国、インド、ベトナム、マレーシア、中国台湾、中東、オーストラリア等。トリクロロシランに気に入るなら、ご連絡ください。

関連製品